Small Changes

ObsidianでKindleのハイライト情報などを同期して神ノートを作る


Metadata


個人的革命第2弾。

会社のエンジニアの方に下記記事を教えてもらい、個人的に「これは革命だな」と思ったので早速設定をしてみました。

ObsidianでKindleのハイライト情報などを同期して神ノートを作る

基本的には参考記事を元にインストールして設定するだけでとても簡単にできました!

Obsidianからプラグインを検索して「Kindle highlights」をインストールします。

インストールしたら、プラグインの設定を行います。

  • 「Highlights folder location」を「kindle」に設定

    • 同期する先のフォルダになります。フォルダがなければ、kindleというファルダを作成します。

  • 「Download book metadata」をONにする

    • 本のメタ情報を含めることでノートが充実します。

  • 「Sync on Startup」をONにする

    • Obsidian起動時にKindle情報を同期します。初回はAmazonにログインが必要です。

  • 「Amazon region」を「Japan」にする

Obsidianを再起動すると、Amazonのログインが求められるのでログインします。

ログインすると、kindleの同期が始まって「kindle」フォルダに自動でノートが作成されていきます(自己啓発の本が多めですねw)。

作成されたノートを見ると、なんとKindleで読むときにハイライトした箇所の文章やコメントが反映されています!

これはすごい!!

下記が実際に自動で作成される神ノートです!

わかりやすいように画像に色をつけています。

ハイライトした箇所にメモを残している場合は下記のように作成されました!

メモもしっかり同期してくれるのでObsidianで見返せるようになりかなりいいですね~

まとめ

Kindleを使っていて、ハイライト機能は便利ですが見返す際に操作が辛かったりして結局見返さなかったり使っていたなかったので、

個人的にはこのプラグインは控えめにいっても神だとおもいました!

とても簡単にObsidianにKindleのハイライトやメモを同期することができるのでKindleも活用していければと思います。

References