Small Changes

仙台出張前にChromeリモートデスクトップを試してみた

今年も全員で集まって今後のことを話し合ったりするために宮崎から仙台に出張にすることになりました(9月なので2ヶ月先です)。

去年も行ったのですがそのときは1日だけでした。今回は2泊3日で開発などもしそうということ。

普段は自宅のデスクトップPCで開発をしており、ノートPCもありますが開発環境のセットアップなどは全くしていないMacbook Air 2015でメモリも8GBとかなり貧弱なスペック…

どうしようかと考えていたところリモートデスクトップがあるよと教えてもらい今回はChromeリモートデスクトップを試してみました。

検証結果

Q. Chromeリモートデスクトップは使いものになるか

A. 使いものになりそう

検証環境

・デスクトップPC Windows11 メモリ32GB(リモートアクセスされる側)

・Macbook Air 2015 メモリ8GB (リモートアクセスする側)

検証概要

今回はMacbook AirからデスクトップPC(Windows11)にリモートアクセスする

Windows11には標準機能としてリモートデスクトップ機能があるが、Pro版(有料)でないと使えないため

代用としてChromeリモートデスクトップを使って検証する

Chromeリモートデスクトップの準備

・リモートアクセスする側とリモートアクセスされる側にChromeが必要

・手順は下記の通り進めるだけ!とても簡単だった。GoogleアカウントとPINを設定するだけ。

Chromeリモートデスクトップの注意点

・リモートアクセスされる側がオンライン状態であること、スリープを無効な設定にしておくこと

Chromeリモートデスクトップを使った感想

・さすがにAPEXは遅延があるため無理だったw起動は問題なくできた!

リモートアクセスされる側がトリプルディスプレイだったがChromeリモートデスクトップ側でマウス操作で「すべてのディスプレイ」「ディスプレイ1」「ディスプレイ2」「ディスプレイ3」と切り替えることができた(ショートカットはなし)

・リモートアクセスしてChromeのブラウザ作業などはほぼ遅延も感じず問題なく作業できた

・リモートアクセスした先でSlackを起動して書いてみたが全然問題ない!

・ChromeデスクトップのアプリがあるがアプリだとIMEの切り替えなどがうまく反応しないので普通にブラウザのタブからリモートアクセスするほうが操作しやすい

リモート側でdocker-compose upでサーバー起動してchromeでlocalhost:3000にアクセスすれば見ることも確認できた。

まとめ

・今回は自宅で検証したので実際に仙台からだと遅延がどのくらいかは気になるところ

Macbook Air 2015はメモリ8GBの貧弱スペックだが開発部分をリモートアクセスで行えばとくに問題ないレベルな感じがした

・普段とOSが変わることやキー操作に慣れは必要だが個人的には期待以上の結果と感じた!