Small Changes

2022年5月の振り返り

なんと4月の振返りから記事を2記事しか書いていませんでしたmm

明らかに中だるみ期間というかアウトプットする時間が減った気がしますが、その分インプットもきっとできているでしょう…ということで5月の振返りです。

5月の畑を耕す時間(第2領域)は58時間

4月は日が短いのもあり43時間くらいでしたが5月もまあまあ時間を割けていたのかなーと思います。

結構ルーチン系のタスク多めでしたが、興味駆動&仕事駆動でgraphql-deviseを掘り下げたりもできました。あと、好奇心でSvelte触ってみたりしています。

GWの後半を使ってUbuntu20.04から22.04に乗り換え

WSLでもUbuntu22.04がきていたので、GWの後半を使って開発環境をリセットしなおして一からUbuntu22.04上に開発環境を構築しなおしました。

自分は普段使わないのでまだ恩恵を受けていないですが、WSL2+Ubuntu22.04では標準でsystemdが使えるようです。

そのほかでは下記のように細かい変化があったりしました。

あと記事にもしていますが、地味に困ったのが謎の/nullリクエストが飛ぶようになっていた話です。Ubuntu22.04に変更したタイミングだったのでかなり調査が大変だったのですが、まさかChrome拡張機能が原因だったとは..という感じです。

今のところ仕事で困ることなく開発できているので乗り換えられてよかったです!

ゲーム動画を保存するために配信できる環境を整えた

ゲームをするときに録画したいなーと思っていたのですが、自分のPCに保存するだけだとシェアだったり切り抜きが色々面倒だったのと保存容量を使うのでTwitchとOBSを連携してTwitchにある動画をYouTubeにエクスポートできる環境を作りました。

OBSも自動構成ウィザードに従って設定すればよく思った以上に設定も簡単にできました。都合上配信する必要はあるのですが、重たい動画を無料でホスティングできる方法としては良さそうだなーと思いました。

今はこんな簡単に配信ができてしまう世界なのかーと感心しました。

graphql-deviseにissueを出してみた

自社でgraphql-deviseを使ってみているのですが、まだ日本では普及しておらず日本語で書かれてた記事が少ないため動かすまでに内部実装を読み込んだり、実際に色々手を動かしたり自分にとっては大きなチャレンジでした。

そんなgraphql-deviseですが、とあるタイミングでGraphQL::Schema::DuplicateNamesErrorを吐くのでissueを出してみました。

こういったOSSにissueを出すのは初めてだったので結構細かく書いてDeepL翻訳してissueを出してみたのですが2週間以上回答はありません。。productionで動かすときに影響しないところのはずなので問題はないのですが、こういうこともあるのだなと学びになりました。

普段色々なgemを会社で使ったり個人で使ったりするわけですが、それはOSS開発者によって無償で提供されたものであり、そこには人がいて、その人もOSSだけではなく仕事もあったりとその中で開発しているので必ずしもすぐに回答が難しかったりするんだろうなーと思いました。

すごくこういったOSS文化には助けられている部分があるので、少しでも力になれる部分は返していきたいなーとしみじみ思います。

One by Wacom というペンタブを買ってみた

Roam Researchにはdrawingという機能があり、ブロックの中に絵や図を描くことができます。

アイデアをすぐに形にしたいときにこの機能を使えたらと思っていたのですが、マウスだと難しくてPCだとマウスの代わりにペンタブを使えるということで買ってみました。

結果からいうとRoam Researchでペンタブは向いていませんでした。というのもペンタブに合わせた画面になっていないのでいろんなところを誤タップしてしまい使えませんでした(慣れもあると思いますが..)。

せっかく買ったのとOne by Wacomには無料でクリスタという絵描きアプリがあるのでそっちで試してみるといい感じでした。普段絵は描かないですが何かで活用できたらなーと思います。

Svelteを触ったりWebSocketを触ったり

ちょっと作ってみたいアイデアが出てきたので技術的な部分でSvelteとかWebSocketとかを少しずつ触ってみています。普段、触らない部分を触ってみていると知らない知識がたくさん出てきて結構楽しいです。SvelteはボイラーテンプレートがなくReactやVueより短くシンプルに書けるという理由だけで触ってみています。あと、Svelteは関係ないですが普通にHTML/CSSってエラーが出てくれず基本動いたり書き方も色々な書き方ができたりするので普段触っていない自分からとてつもなく難しく感じました(笑)

これきっかけでVimで補完を出せるようにしたり、型エラーだせるようにしたのですがそこそこいい感じに動くのでそういう楽しさもあったりします。

オブジェクト指向設計実践ガイド ~Rubyでわかる 進化しつづける柔軟なアプリケーションの育て方を読み終えました

こういったオブジェクト指向の考え方の本を通らずに今まできたのでこれがオブジェクト指向か!となりながら楽しく読めました。

ですが、後半のコンポジションあたりからは結構だれてきて飛ばし飛ばしで読んだところもありますが仕事で活かせた部分などあり読んでよかったです。

ドメインロジックは辛くなりがち

開発で最近やっぱり辛いなーと思うのがドメインロジックを読み解くことです。

そこに権限や何かしらのドメインロジックが絡むとコード自体が複雑になりがちで作った人は理解できると思いますが、後からジョインした人だと結構理解するのに時間かかったりと辛い部分です。

ドキュメントだと書いたその時点から古くなりコードも仕組みがないと実装者が違ったりすると実装が漏れたりかなり難しいところなのですが何かしら負債にならない仕組みを試行錯誤していきたいなーと思います(こういうのはクリーンアーキテクチャとかを読むとよい?)。

自社に置き換えて考え見ると最初はスピード重視になるので読みやすさ・変更しやすさという観点は後回しになると思うので、限られた中でもわかりやすくする努力をまずはしたいなと思います(努力より仕組みが欲しい…)。

ノートの取り方を見直してみた

Roam Researchを4か月使ってみて生き残った運用方法・設定を紹介でも書いていますが、ノートを死蔵しないようにために後から振り返りたい情報には#Fleeting-Notesというタグをつけて後から振り返る運用をしていました。

ですが実際にはあまり活用できていない気がしていて、デイリーノート自体は何もしなければ死蔵するという前提に立って、その日の出来事で再利用しそうな情報はとにかく1ノート1メッセージルールに従ってノートを作っていくという運用をやってみたいとおもいます。

狙いとしてはqueryを組み合わせるとこれらのノートが時系列で並ぶので、そこから見返して発展させていくという感じです。ノートを作るコストや毎日振り返るコストが増加するのでもしかしたら合わなくて辞めてしまう可能性もありますが…

下記の記事からインスピレーションを受けました。

初フグを食べてきた

お店

贅沢に極みコースを食べてきました。

皮のゆびき・てっさ・唐揚げ・焼きふぐ・てっちり・雑炊とすべてを堪能できるコースで、さらに飲み放題もついてきて1万でした!普通の飲みの値段と比べると高く感じましたが、実際に食べてみると1万は安いと思いました。初フグ行かれる際はてっさのイメージが強いですが、いろいろな食べ方をできるコースにすると堪能できると思います!