Small Changes

Windows10で矢印キーを撲滅する


Metadata


会社のエンジニアの方に下記記事を教えてもらい、個人的に「これは革命だな」と思ったので早速矢印キーを撲滅する設定をしてみました。

私の場合は、ChangeKeyとPowerToys(Keyboard Manager)を使って設定を行いました。

ChangeKey + PowerToys(Keyboard Manager)を使って矢印キーを撲滅する設定

最終的なキー割り当て

今回は、CapsLockキーにAltキーを割り当て、Altキーを軸にhjklを押すことで矢印キーと同じ挙動にしました。

hjklはVimでの基本的な移動コマンドのため、かなり直感的で使いやすい操作方法になりました。

キー実行されるキー
Alt + h
Alt + j
Alt + k
Alt + l

1. ChangeKeyを使ってキーの割り当てを行う

キー割り当て自体はPowerToys(Keyboard Manager)でも行うことができるのですが、

キー再マップでCapsLockキーをAltキーに割り当てると不具合で押しっぱなしになるためChange Keyを使用しています。

(不具合が解消されたらPowerToys(Keyboard Manager)のみで実現できるのですが、残念です…)

まず、Change Keyをインストールします。

LZHファイルがダウンロードされるので展開するために7zipで解凍します。

1. ChangeKeyを管理者として実行します。

2. Caps LockキーにAltキーを割り当てて保存します(設定を反映させるためにPCの再起動が必要です)。

2. PowerToys(Keyboard Manager)を使って、ショートカットの再マップを行う

MicrosoftがPowerToysという便利ツールを提供しているのでインストールします。

今回はその中でもKeyboard Managerを使いますが、他の機能もとても便利なのでぜひ有効活用してください。

1. Keyboard Managerを開き、ショートカットキーの再マップを行います。

2. 下記画像を参考に割り当てを行います。

まとめ

Vimを使っていますが、なんだかんだ矢印キーを使うことが多くてキーボードを選ぶ際に矢印キーがあるものを選択肢としていましたが、この設定を入れれば矢印キーがないキーボードも選択肢に入れられますし、Vimのノーマルモード時やターミナルでの移動が便利になったので個人的には革命でした!

References